本文へジャンプ
2011.08.18〜25
ドイツ・スイス・フランス・ヨーロッパ周遊旅行
ドイツ・スイス・フランス周遊旅行1日目

2011年8月18日〜25日、8日間の日程で家族4人プラス義父の5名でヨーロッパを周遊旅行してきました。
この旅行話が出たのが7月7日の七夕。
この5名で外食をしていたところ、義父が「ドイツに行きたい!」と言うではありませんか。

義父は83歳と高齢だし、「行ける時に行きますか!」という話がまとまり、翌日から大急ぎで旅行の検索。
子供たちが中高生ともなると、夏休み期間中でしか海外旅行には行けません。
出発まであと1ヶ月少々で参加できるツアーがあるのか心配でしたが、義父の希望も叶うツアーが見付かり大急ぎで旅行社に申し込み。

旅行代金、燃油サーチャージ、オプショナルツアー代金を含め、夏休み期間中で添乗員も同行ということから、5名分となると総額では200数十万円と、私にとっては大変な金額です。
でも行ける時に行かなくては一生行けません。

さて、18日の旅行1日目は自宅出発が午前3時半。
関空の駐車場に車を預け、ルフトハンザ直行便(朝9時50分発のLH-741便)でフランクフルトに飛びます。
当日の午後3時にドイツ・フランクフルト到着。(時差は7時間)
チャーターされたベンツの大型観光バスに乗り込み、ロマンティック街道を走り、中世の宝石箱と称され街道のハイライトとして観光客に大人気のローテンブルクへ向け出発。

町の起源は9世紀までさかのぼります。
テーマパークと勘違いするほど綺麗な街並みで、市街の周りは高い城壁に囲まれています。
今夜私たちが宿泊するホテルはその城壁の中に位置し、とても人気のあるホテルでロケーションの良さは申し分ありません。
8月は午後9時前頃まで明るく、街並みを観光する時間が沢山とれるので時期としては最高です。

ということで、1日目は終了。
画像は今回5名全員が各自デジカメを持参し、5000枚ほど撮影しました。
一部ですがUPしましたのでご覧ください。
(クリックすると大きな画像が大きくなります)


ローテンブルグウィキペディア